子供の将来のために!!中学・高校入試対策なら進学塾に通うのがお勧め!!

親御さんの中には、自分の子供の中学・高校入試で学習する場所を探している方もいますよね。そんな時には、入試対策に強い進学塾がお勧めです。ここでは、進学塾に通う良さについてお伝えしていきたいと思います。

小中学生が塾に行く目的とは?

柏市 塾,柏 高校受験

① 進学目的

小学生や中学生が進学目的で塾に通う最大の理由は、良い中学校や良い高校に入学する事です。日頃から学校でもしっかり授業を聞いて学習していますが、レベルの高い学校に入学する為には、塾のサポートは欠かせません。塾に通って塾講師の話を自分なりに理解し、演習問題に取組んでいく事で、学習内容を自分の中にさらにしっかり落とし込んでいく事ができます。また、問題の解き方を自分でイメージし易くしていく為にも、塾での学習は活きてきます。講師から学習内容を理解しやすく説明してもらう事で、自分の課題や苦手分野をクリアにして、進学する為の学びを充実させる事ができます。

② 補習目的

学校の勉強が苦手な為に、その学習の補習を塾で補う目的で通っている人もいます。学校で授業を聞いていても、いま一つ内容をよく理解できなかったり、自分でどのように勉強に取り組んで良いのか分からなかったり、そんな苦手を克服する為に学習しています。自分で勉強する気になったとしても、学習内容を理解できない状態から抜け出せず、勉強が嫌になって学ぶ事を放棄してしまう事もあります。
塾に通う事で、自分自身の学習に対する課題に向かい合い、講師や仲間と共に学習力を付けていく事ができ、成績アップに繋げる事ができます。

進学塾とは?

新柏 塾,南柏 塾

進学塾と言うのは、中学受験や高校受験の入試対策に特化した塾の事です。進学希望者の偏差値を上げる為に通う塾と言えます。進学塾の特徴には、受験の入試時期から逆算された年間カリキュラムが立てられており、塾ではそのカリキュラムに沿って授業が進行します。
基本的に、学校の授業に比べて進学塾の授業は先に内容が進んでいます。なので、例えば、中学受験の進学塾等では、新学期のカリキュラムは二月から開始されています。まだ学校で習っていない学習内容に関しても、進学塾では先取りして習っていくので、進学塾への途中からの入塾検討の際には注意しましょう。
また、進学塾と聞くと「学校の成績上位者しかいないのでは?」と思われがちですが、実際はそんな事はありません。多くの進学塾では授業クラスを学力別にして設けています。なので、自分の学力に合ったクラスで学ぶ事ができます。進学塾の中には、入塾する際に学力テストが実施される塾もあります。その場合には、一定学力以上の生徒のみの入塾になるので、入塾前に事前に塾について確認しておく事がお勧めです。

進学塾に通うメリット

指導のプロから学ぶ事ができる

自分で学習するのとは異なり、受験に関する豊富な知識、生徒指導方法のポイントを押さえた指導等、プロ講師ならではの質の高い講義を受ける事ができます。進学塾に在籍している塾講師と言うのは、生徒の志望校情報をしっかり自身で把握しているので、難関校に通用する講義内容のカリキュラムを計画して指導を行っています。豊富な学習教材を活用して、パターンを色々と変えながら出題も可能なので、生徒自身が様々な問題パターンにも柔軟に対応する事ができる力を身に付ける事ができます。

仲間と切磋琢磨して学習できる

進学塾の場合、大勢の仲間と集団講義で授業を学ぶ事になります。なので、同世代で同じ目的を持った仲間の中で学習する事で、生徒自身の競争心や闘争心が刺激されます。それが自分の学習に対するモチベーションにも繋がるので、常に学習意欲を駆り立てる事ができます。また、周りと自分の学習力を比較しながら勉強に取り組む事になるので、自分の学習レベルを把握しながら勉強に専念する事もできます。目標に向けて仲間同士で切磋琢磨していく環境は、塾の仲間との新しいコミュニティを作る機会にもなります。

不明点や苦手分野を解消・克服する事ができる

学校の授業内容に遅れる事なく、進学塾では予習や復習を通して確実に知識を付けて行く事ができます。内容が分からない部分を放置したまま積み重なると、やがて学習意欲を損なう要因にも繋がります。学校の授業よりレベルの高い指導を進学塾で受けながら、学習内容について不明点を解消していく事ができます。

進学塾に通う事で培われる力とは?

柏市 塾,柏 高校受験

基礎学力アップを図る事ができる

小学生や中学生の時期と言うのは、本格的に勉強に向き合うタイミングでもあります。なので、学力に関しても個人差が出てきて、学校の授業に付いていく事のできない事もあります。勉強に対して内容を理解できていないままで勉強を進めてしまうと、学習の基礎が疎かになった状態なので成績低下を招く原因にもなっていきます。小学校や中学校の段階で基礎学力が身に付いていないと、この先の学習においても悪影響が出てきます。
その為、進学塾に通い学習内容をしっかりと自分が理解し、プロ講師からの学習ノウハウの詰まった授業カリキュラムを受ける事で、勉強に大切な基礎学力の基盤を固めていく事ができます。

苦手分野克服に繋がっていく

小学生や中学生では、特に数学や国語等の特定分野で苦手意識を持つ事が多いです。学習内容で分からない部分を、本来ならば親に聞いて解決する事ができればベストです。ですが、現実的に親が子供の学習に割いてあげられる時間は限られており、中々難しいものです。また、親は勉強指導のプロでは無いので、教え方が分かりづらい事も挙げられます。そうすると、子供は学習内容を理解でき無いまま、授業内容だけがどんどん先に進んでしまい、授業に付いていく事ができない状況に繋がっていきます。
そのような場合にならない為にも、進学塾に通う事はお勧めなのです。塾講師に学習内容で分からない事があれば、質問して不明点を解消していく事ができるので、授業内容を理解しやすくなる事が期待できます。また、子供自身が塾講師の指導で得た学習ポイントやヒントを活かし、自分の力で問題を解いていけるようになるので、勉強に対する自信も付きます。その結果、今まで苦手意識のあった分野の克服にも繋がります。

学習意欲向上で勉強習慣が身に付く

進学塾に通い始めると、子供自身で今まで解く事ができなかった問題を解く事ができるようになります。なので、自信が付いて楽しく学習に取り組む姿勢が身に付きます。学習意欲が向上するので、自宅学習も自主的に行えるようになる等、日頃の勉強を習慣化する事に繋げていく事ができます。小学生や中学校の間にしっかり勉強習慣を自分に身に付ける事で、今後の中学や高校での勉強の基礎構築にも良い影響を与えてくれます。
勉強の習慣化は、机に向かう癖が付く事なので、一つの物事に対して集中力を高める事ができたり、自分で思考整理ができたりするので問題解決能力アップも期待できます。小学生や中学生の間に、勉強に苦手意識ができるとその後の学力アップに繋げていく事が中々できないものです。

中学・高校受験対策を行ってくれる

進学塾での勉強と言うのは、中学受験や高校受験に特化した授業カリキュラムを用意している所もあります。なので、今後入試を検討している子供にとっては、自分が目指している志望校に関しての入試傾向や受験に関する情報収集もしやすい事が挙げられます。進学塾で塾は、効率よく入試に受かる為の受験対策学習ができるため、入試希望者にとっても最適の場所です。